HOME > 会社案内 > 経営理念

経営理念

  • 顧客第一主義に徹する。
  • 全員参加で、安全で信頼のものづくり。
  • 車輌用補助機器の提供で社会貢献。

製品開発型企業として、中小量の車輌用補助機器をタイムリーにお客先へ提供していくフレキシブルな対応をモットーに事業展開していきます。

生活を支える確かな技術開発

弊社はタクシー用自動ドアのパイオニアとして、1959年に設立して以来現在まで自動車に付加価値を付ける商品を作り続けてきました。1998年に高木製作所グループの一員となり、製造業を生業とした両者の生産技術とノウハウを融合させることにより一層の生産向上が実現しています。近年では、バス用オートドア、セーフティーインターロック、及び福祉のためのオートステップ、オートローダー等を開発し常に社会の役に立つ製品づくりを心がけています。

皆様の厚い信頼のおかげをもちましてオートドアの分野では90%のシェアを福祉車輌ではトップシェアを獲得させて頂き業界屈指のメーカーへと成長させて頂きました。これからも皆様のご期待に沿うべく一層の努力を継続して行く覚悟でございます。目前に迫る高齢化社会に備えて、人の力をサポートするテクノロジーは、今後ますます必要とされる事は疑いありません。弊社は、全社員が経営理念を合言葉に技術を研鑽し、お客様に満足を頂ける商品を作り、社会に貢献出来る様に頑張ります。また、部品の内製化率を高め、一個からの物作りを大切にし、高品質で安定した生産で、お客様のあらゆるニーズにお応えして行きます。

会社

Copyright© 2002-2008 トーシンテック株式会社 All rights reserved